Page top

企業価値向上コンサルティング

潜在力を秘める優良な中堅・中小企業が、M&Aによる会社売却を成功させるためのキーは、改善や成長の財務的インパクトを合理的根拠とともに示すための入念な準備です。

M&Aの準備期間を、気になっていた課題を一気に整理・対処する千載一遇のチャンスと捉えることで、進行期実績が対前年比で大幅改善することがあります。

当社は目標水準や希望スケジュールに合わせ、M&Aにとって効果的な準備を柔軟に設計します。本サイトに記載のない支援内容も必要に応じて柔軟に盛り込み、最良の結果を獲得するための準備を支援します。

過去と将来を結ぶ説得力
ビジネス・アナリシス&モデリング

ビジネスの精査とファイナンシャル・モデルによる過去実績の検証

  • 市場環境分析による市場成長可能性の評価
  • 競合分析によるポジショニングの優位性の評価
  • 財務実績のファイナンシャル・モデル化(本来の実力値と下押し原因の把握)

問題の発見と対策
セラーズDD

バイサイドからの欠陥の指摘は過小評価の原因となるため事前に対策

  • M&A独特の観点からの課題や欠陥の発見
  • 発見された課題や欠陥への対策の検討
  • M&Aプロセス前・中に実行可能な欠陥の治癒

不足経営資源と単独での成長ポテンシャル
経営資源の補完のシミュレーション

M&A後の成長施策効果の事前予想(シナリオ分析)

  • 成長可能分野の特定
  • 不足経営資源の把握
  • 不足経営資源の投入効果を測定できるファイナンシャル・モデルの作成

M&Aによる価値創造の中核
シナジーシミュレーション

M&A後の統合効果を見据えた買い手候補選定基準の具体化

  • 有力買い手候補の仮選定と具体的なシナジー領域の特定
  • シナジー効果を測定できるファイナンシャル・モデルの作成
  • 最も大きな成長を期待できる有力買い手候補の選定

売却価格のポテンシャル
初期的バリュエーション

一定の前提条件に基づいた達成可能な株式評価額を算定

  • 成行きバリュエーション
  • 実力バリュエーション
  • 実現可能最大バリュエーション

外部への説明力の高い事業計画
M&A用事業計画の策定支援

あらゆる角度から整合的で説明力の高い事業計画の策定支援

  • 市場・競争・事業面の現状分析
  • 課題に対する実現可能な施策
  • 成行きケースおよびアップサイドケースの数値計画