Page top

クライアント様の声

目から鱗が落ちたBP
『新事業を本格化していきたいと思い、古くからの事業を売却することにした。
M&Aのことを調べた結果、色々な角度で売り手オーナーのために説明している姿勢が気になって、SCAに問合せをしてみた。

実際に会って話をしてみて驚いたのが、知識の範囲が広く、珍しいタイプの当社事業についても即座に理解してくれたことだ。
事業会社を自ら立ち上げた経験があるというのが効いているのだろう。

M&Aで買い手に検討してもらう重要資料の1つ、事業計画(BP)を策定する作業をSCAさんに手伝ってもらった際、今まで考えもしなかった切り口で当社事業の勘所を「見える化」してくれ、目から鱗が落ちるような思いだった。

もっと早くにここに注目して経営していれば、会社の利益は伸びていたはず、もう少し早くSCAさんに相談していれば、と思った。

事業計画(BP)は単なる数字ではない。
しかも、M&Aで使う事業計画の目的は多層的になる。
さらに、自分だけが納得すればよいわけではなく、相手がいて、その相手を無視しては評価されない。
中で働く人の気持ちにまで配慮した改善施策の立案、同業者が欲しいと思ってくれるような魅力的なストーリーが必要だ。

事業計画以外にも、ややこしい税務、新事業の足枷にならないようなスキーム考案、複雑な状況をかみ砕き公平な関係を構築する契約の内容、売った後のリスク最小化の方法、売却資金の活用方法など、本当にあらゆる角度から私のニーズ実現のために努力してくれた。』
一番会社に詳しいですね
『SCAさんには、売却支援ということでお願いしたが、
「少しでも良い相手に、良い条件で」というニーズを忠実に実現してくれようと、
驚くほど広範囲の経営レベルのアドバイスをしてもらった。
おかげで、数年ぶりに増収増益を実現でき、利益が3倍弱に急増する過程で、
M&Aを実行することができた。
初めてのM&A会社売却を経験してみて、
単に「売る」「相手を探す」というマッチングサービスとは一線を画していたし、
大事に育てた会社を更に飛躍させてくれる相手と、
大事に育てた従業員が安心して頑張ることができる環境を用意してくれた。
人をコストとしてではなく、大事な財産として見てくれた点がありがたかった。』

会社の経営権を取得した投資家さん曰く
『(ビジネスモデル、現場や顧客の声、商品、販売、さまざなな領域について)
SCAさんが会社について一番詳しくなってますね。』
営業機密を守ってくれる
「自分が育てた会社は、
自分なりに独自のスタイルで商売を成功させたという自負があり、
絶対に同業には売りたくないけれど、
ちゃんと価値を認めてもらいたかった。

特に気になったのは、
万が一、売却できなかった場合のリスクケースだ。

SCAさんは、
営業機密が漏れないように、
万が一、守秘義務を破る人が出ても大問題にならないように、
同業以外の買い手候補を慎重に見極めてくれて、
厳選少数の買い手候補に絞ってくれた。
開示資料も複数段階での開示という手間をかけてくれた。

最初に細かく相談に乗ってくれたので、
安心して会社売却を進められた。」